新着Blog  Q INTO THE STORM

投票を改ざんする米国リベラル政党とメディア

情報分析

投票を改ざんする米国リベラル政党とメディア

私見:今回の米国選挙はかつてヒラリー敗北から積み上げてきた民主党が主導しCCP資金供与とBigtech、軍事産業やUSPSが仕組んだ巨大組織犯罪であり、その首謀者はあくまで末端の実行者であり、もっと大きな闇があると全世界はインターネットを通して知ることが出来た。ある福音派の牧師様は【闇が光に照らされる事になる 箴言20:10 「異なる二種類の重り、異なる二種類の枡、そのどちらも【主】は忌み嫌われる」 (今の不正が行なわれている状況を神様は忌み嫌っておられる)】とおっしゃっています。この民主主義を脅かす巨大犯罪が無ければ悪が見えづらかったはずです。たとえトランプ大統領が再任されないとしても諦めてはいけないということです。日本でも暗黒の3年があったのですから

ドミニオン社の主張は以下の通りです

DOMINION VOTING SYSTEMSは、当社の投票システムでの投票切り替えの問題に関する誤った主張を断固として否定しています。

1)投票の削除/切り替えの主張は完全に誤りです。

2)DOMINIONは無党派の米国企業です。

3)DOMINIONソフトウェアの不具合はなく、投票用紙は正確に集計されました。結果は100%監査可能です。

4)不正または直前のソフトウェアアップデートは発生していません。

5)シャーピーペンの使用に問題はありません。

6)不正選挙の陰謀の主張は、100%誤りです。

シドニーパウエル

Smartmaticの取締役会会長であるPeterNeffengerは、JoeBidenのDHS移行チームに所属しています。 Smartmaticは、3人のベネズエラのエンジニアによって設立され、デラウェアに法人化されました。 SmartmaticはVotingSystemsを購入し、Sequoiaは最終的にDominionに買収されました。

元連邦検察官でドナルド・トランプ大統領の法務チームのメンバーであるシドニー・パウエル氏は、金曜日の夜、彼のキャンペーンは、ドミニオン有権者システムソフトウェアに関連する広範な不正選挙を明らかにする証拠の山を集めたと述べた。フォックスビジネスネットワークのルードブスとのインタビューで、パウエル氏は、同社のソフトウェアは当初、ベネズエラの選挙で故左翼のリーダーであるウゴチャベスを支持して「変更された結果を生み出す」ために作成されたが、その後、目的のために他の国に輸出されたと述べた米国を含む選挙を盗む。

「ドミニオンで収集したすべての証拠を発表するのが待ちきれません」と彼女は言い、ソフトウェアはベネズエラとキューバからの資金で賄われていたと付け加えました。

中国もその役割を担っています。ですから、外国の干渉について話したいのなら、私たちは確かに今それを持っています」と彼女は続けました。

パウエル氏は、選挙後の早い時間に同じことが起こっているのを見たチャベスのレースの少なくとも1つで投票用紙の盗難を目撃した一人を含む、キャンペーンは「驚異的な」統計的証拠と証人の証言を持っていると述べた。先週の日。

「州が選挙の夜に閉鎖し、カウントを停止するとすぐに、それらは最もひどい問題が発生した州です」とトランプキャンペーンが「経済的利益」に関する証拠も明らかにしていると主張し続けたパウエルは言いました「実際にドミニオンシステムを買収した」州知事や国務長官もいます。

ドブスは、パウエルの主張を認めながら、選挙人を選ぶ12月の日付が近づいているため、トランプキャンペーンが法廷で証拠を提示する時間が不足していることを指摘しました。

パウエル氏は、詐欺に関与したとされる州が、ドミニオンソフトウェアによって変更されたと彼女が言う「数十万票」を証明するのに「十分に愚か」ではないことを望んでいると答えた。

先週ミシガン州のある郡で発見されたDominionVoting Systemsソフトウェアのいわゆる「グリッチ」は、約6,000票をトランプから民主党のライバルである共和党上院議員のジョーバイデンに切り替えたとされています。 要求する 民主党のジョスリン・ベンソン国務長官と州の選挙運動委員会によるすべての投票の完全な監査。

「トランプ大統領は圧勝でこの選挙に勝利した」とパウエルは主張した。「それは反駁できないでしょう。愛国者は、私たちが彼らの情報を収集するよりも速く、毎日、一日中前に出てきます。」

彼女はさらに、さまざまな州の投票機が選挙の前夜または選挙の日にソフトウェアで更新されたことを指摘しました。これは、州の選挙当局によって事前に認証されることになっているため、非常に不規則です。

「数十万の投票が行われ、複製されたという統計的証拠があります」と彼女は言い、「大規模な犯罪捜査」を呼びかけ、「数百万の有権者と選挙に影響を与える」と述べた。

ドブスはその後、FBIと司法省が詐欺の申し立てを調査しているかどうか尋ねたが、パウエルは彼女が知らなかったと言った。

しかし、彼女は、民主党員でさえ、何年にもわたってドミニオンシステムの問題を報告していると述べたが、「しかし、誰もそれについて開花したことはしなかった」。

国土安全保障省の選挙警備部門の人々は昨日解雇される必要があります」とパウエルは言い、FBIのクリストファー・レイ長官も同様に行くべきだと付け加えた

彼女は、局が1人の内部告発者にインタビューしたと言ったが、それは「彼を威嚇し、彼に彼の真実の証言を変えさせようとすること」であり、FBIはまだ「政治に感染している」と付け加えた。

「これは本質的に新しいアメリカ独立戦争です」と弁護士は言いました。「そして、この国を自由に保ちたいと思う人は誰でも、今すぐステップアップする必要があります。

「人々は今、前に出て、この問題の右側に立ち、ドミニオン投票システムに存在することがわかっている詐欺を報告する必要があります。それが、それが目的として作成されたからです」と彼女は言いました。「それはその唯一の本来の目的であり、自由を望んでいた人々の意志に逆らうために世界中で使用されてきました。」

ドブスは、トランプが「大統領職を転覆するために」複数の努力を受けたと答え、パウエルに、彼女の主張に基づいて、主張された投票の変更は単なる最新の試みであると信じているかどうか尋ねた。

「ああ、絶対に」と彼女は答えた。「これは、シリコンバレーの人々、ビッグテック企業、ソーシャルメディア企業、さらにはメディア企業の助けを借りて組織され、実施されてきました。そして、私はクラーケンを解放するつもりです。」

彼女は、「私はそれらのすべてを公開するつもりです」と付け加えました。

米軍、米大統領選データサービス企業のサーバを独で押収=米下院議員が発言

米大統領選の不正調査は新たな展開を見せている。​米共和党下院議員ルイ・ゴーマート(Louie Gohmert)氏は、米軍がドイツ・フランクフルトで米大統領選のデータサービスを提供しているScytl(サイトル)社を急襲して、サーバを押収したと明らかにした。

同氏は11月13日、米メディア「Newsmax TV」の取材に対し、同サーバのデータが、今回の大統領選挙で共和党から民主党への票の移動方法を詳細に記録し、不正な集計ソフトの直接証拠になる可能性もあると述べた。

それによると、ゴーマート氏は8日、元諜報員から「Scytl社が米大統領選に関する集計データをすべて集めている」「Scytl社のサーバから有力な証拠を入手することができる」との情報を得たと述べた。

翌9日、ドイツ側の消息筋から「米軍がフランクフルトでScytl社を襲撃し、サーバを押収した」との話を聞いたという。

誰が軍に指示したか分からない

ゴーマート氏は9日の朝、トランプ大統領にこの情報を報告したという。しかし、トランプ氏がどの程度事態を把握していたかについては言及していない。

トランプ氏は同日、マーク・エスパー国防長官を電撃解任し、クリストファー・ミラー国家対テロ対策センター長官を国防長官代行に指名した。この人事は、サーバの押収に関連しているのではないかとの憶測が広がっている。

ゴーマート氏は「誰が軍に命令を出したのかわからない。政府の中にはトランプ大統領を転覆させようとしている人たちがいる」と述べた。同氏は、一部の米情報当局者が選挙不正の証拠を隠蔽するために行ったことや、政権内で連邦捜査局(FBI)のクリストファー・レイ長官をはじめとする反トランプ勢力が存在していることを示唆して、インタビューを終えた。

トランプ陣営の弁護士で前連邦検察官のシドニー・パウエル氏は13日、FOXニュースのインタビューで、法執行機関の関係者にも不正疑惑があるとし、中央情報局(CIA)のジーナ・ハスペル長官とFBIのレイ長官が免職処分を受けるべきだと主張した。

同氏は、FBIがバイデン一家のスキャンダルや大統領選での不正行為についての調査を拒否していると指摘。FBIの唯一の動きは、反トランプのFBI捜査官を送り込んで、連邦郵便局の内部告発者リチャード・ホプキンス氏を脅し、告訴を取り下げさせることだったと、FBIの不作為を痛烈に批判した。

Scytl社について

トランプ大統領顧問弁護士リンカーン・ウッド氏は14日夜、ゴーマート氏関連のツイートをリツイートし、「バイデンら犯罪者の一族は今夜、眠れないだろう。​バイデンはScytlという名前を覚えていないかもしれない。彼の共犯者はその名前をよく知っている。彼らは今年10月にScytlを買収したParagon(パラゴン)という会社も知っている。すべてが解き明かされる」と書いた。

​2001年に設立されたScytl社は、スペインのバルセロナを拠点とし、世界中に電子投票システムを提供するソフトウェア企業だ。​しかし、2020年6月に破産宣告。10月22日、パラゴングループ(Paragon Group)に買収された。

​同社の会社情報によると、Scytl社の技術は米国をはじめカナダ、オーストラリア、スイス、フランス、オランダなど、世界中の30か国以上で利用されている。

Scytl社は11月10日の広報文書で、同社が2020年米大統領選挙でコロラド州、ジョージア州、ニュージャージー州、カリフォルニア州、テキサス州など9つの州及び800以上の郡にソリューション(選挙管理システム)を提供し、7800万人以上の有権者に利益をもたらしたと報告した。

14日付け米メディアGreatGameindiaによると、Scytl社のシステムは多くの国で選挙不正の記録があり、不正なアクセスを受けやすく、セキュリティリスクが高いことが証明されているとした。また、​同社はスペイン政府から大量の研究資金を受け取ったことがあり、関連資金を悪用したことで物議を醸しているという。

米保守系オンライン雑誌「アメリカン・シンカー」によると、Scytl社は投資家ジョージ・ソロス氏や民主党と密接な関係を持っている。​マイクロソフトの共同創設者のポール・​アレン氏が運営する投資会社バルカン・キャピタルは、Scytl社に4000万ドル(約40億円)を投資した。​ビル・ゲイツ氏もその株を持っているという。

Scytl社は13日、公式サイトで、メディアやSNSを通じて伝わる選挙不正に関する情報を全面的に否定した。広報によれば、同社は​米軍に急襲されておらず、「フランクフルトにサーバも事務所もない」とした。

​「米大統領選挙では、Scytlは全米の都市、郡、州の顧客に4種類の製品やサービスを提供した。これらの製品やサービスは、有権者または選挙関係者に、顧客ごとに作成・承認された情報を提供している」と広報文書には書かれている。

(翻訳編集・王君宜)

ファイザ-

ファイザー社 コロナウィルス・ワクチン 大統領選挙後に発表。明らかに恣意的。手柄をバイデンに、仕組んだのはファウチ

私が長い間言ったように、@Pfizerそして他の人々は選挙後にワクチンを発表するだけでした。なぜなら彼らは以前にそれをする勇気がなかったからです。同様に、@US_FDA政治的な目的ではなく、命を救うために、もっと早く発表すべきだったのです!

このようにトランプ大統領は発言しています。ワクチン開発の支援を国から得ていながらファイザー社が支援している民主党候補の情勢を見ながら発表のタイミングを図っていた。おそらくトランプ大統領が勝っていたら発表は更に先送りだったはず。世界で数百万人が亡くなっている武漢からのウィルスに対しても利己主義な対応を取る製薬会社に批判が集まる事でしょう。