新着Blog  コロナワクチン接種予約 インターネット・WEB予約 市川市民向け無料サービス実施中

大統領選挙討論会第二回 ペンス副大統領vsカマラ・ハリス上院議員

情報分析

大統領選挙討論会第二回 ペンス副大統領vsカマラ・ハリス上院議員

Q:パンデミック、未だに増えているワクチンが出来ても厳しいのでは?新政権が出来た場合ロックダウンをするのか?マスク義務化は? H:現政府の最大の失敗。3000万人が失業手当申請。1/28コロナの深刻さについては報告を受けていたが隠蔽した。深刻さを過小評価した。そして今でもプランが無い バイデンにはプランがある。ワクチンを全ての人に無料で。P:大統領は米国を第一に考えて来た。感染例が5例目で中国との国交を止めた。バイデン氏は反対しヒステリックだと言った。我々のプランをバイデン氏が真似た、盗作だ。H:対策は失敗した。タスクフォースは失敗した。隠蔽を暴露された時、大統領は混乱を避けるためだと言った。P:経済活動を止めた場合200万人が死亡すると報告されていた。国民は犠牲を払った。

Q:ローズガーデンでのイベントではホワイトハウス陣営は安全ガイドラインを守らなかった P:国民には能力があり判断が出来ると信じた。イベントの憶測はあった。野外のイベントであり、国民は最善を尽くすと信じた。バイデン陣営は命令、グリーン・ニューディールなど。 H:尊重する?真実を語っていればの話し。政権は無能であるが為に貧しい人が食料の列に並んだ。

Q:ワクチンはNoと国民は言っている H:指示があれば行う P:現実はワクチンが出来る、信頼を損なう事を言うことは良くない。政局にすべきではない。バイデン氏は副大統領の時、豚インフルで失敗してる。戦略備蓄を無くした。

Q:セーフガードについて、健康の透明性について H:自身のキャリアについて語るwww 共通の価値観がある。バイデンは情報を公開している、大統領は隠蔽 P:大統領はビジネスマン、ディスクロージャーしてきた。減税もしてきた

Q:経済、失業率7.9% エアライン、ディズニーも危機 ラテン系、女性にとっては痛手 バイデン陣営富裕層に4兆ドル支出 増税は危機を生む H:米国経済の強さは労働者の強さ。トランプ大統領は大企業に減税している、なので2兆ドルの赤字になった。この税法を撤廃しインフラへ投資する。橋、道路、再生エネルギーへ。R&Dへ。教育へ支出する。国民に支出する。 P:大恐慌依頼の危機、減税を行った。ハリス氏は平均2000ドルの貯蓄がある。パンデミックで160万の雇用を生んだ。2兆ドルのグリーン・ニューディールはハリス氏も法案を通した。バイデン氏は中国に経済的に降伏する。オバマ政権で赤字。 H:バイデンは増税は行なわないと言った。P:討論会で二回もバイデン氏はトランプの税金については撤回すると言った。H:バイデンは増税は行なわない、40万ドル以下の人は。現政権は経済対策を自分達の成功だと思っているが違う、オバマ政権での成果だ。オバマケアを考えた。オバマケアを一掃しようとしている。P:オバマケアは大惨事。ハリス氏に増税すると言った、化石燃料は止めると。我々ならV字回復出来る

Q:気候変動、人工的な気候変動がある P:環境は良くなっている。大統領は「科学の声を聞く」。バイデン陣営はパリ条約に戻ると。我々は進歩した、それは強い経済の為。CO2削減した、パリ条約加盟国よりも。イノベーションにより導いてきた。ハリケーンは100年前より減ったが、反対派はグリーン・ニューディールを進める為に警告している