新着Blog  コロナワクチン接種予約 インターネット・WEB予約 市川市民向け無料サービス実施中

Televised Debate・Trump-Biden debate

情報分析

Televised Debate・Trump-Biden debate

討論では二人共スパイウェア装着されていないかチェックをうけます。両者は握手をしないことで合意。

Q:最高裁判事指名から。バレットしについて。T:選挙に勝ったから。有能、リベラルが支持。選挙の後であっても時間がある。とても有能。最高の学生であった。選挙に勝ったために指名する権利がある。B:米国国民には権利がある。が、今は選挙中なので待つべきである。いきなりオバマケアの話しはじめた。バレット氏がオバマケアに反対。医療費も上がる。

バイデン氏、質問に対して内容ずれて話してトランプの言葉に対応出来ていません。

Q:オバマケア撤回について、代わりになるものの提示がないのでは?  T:薬価を下げた。インシュリンを水の価格程度下げた。B:メディケイドを拒否、自動的な形でのオプション。全てウソ?マニフェストがない。オバマケアを剥奪しようとしている。大統領はなにもしていない。 T:オバマケアと言う必要がない。 効率的に行っている。 保険料が高額すぎる、だから撤廃する B:大統領権限はない、ブランがない  

バイデン氏、質問に答えるのでは無く、覚えて来たことを言うだけ。。。

Q:コロナについて B:20万人死亡、大統領の対応が悪い。パンデミックを起こした。習近平になにも聞かなかった、プランが無い。 T:中国の責任、正しい数字を出していない。民主党でさえ、素晴らしいことをしたといっている。フェイクニャースが邪魔をした。バイデンには出来なかった、豚インフルの時は出来ていなかった。 B:トランプが経済を止めた。ワクチンは賛成だがトランプは信用出来ない。 Q:ワクチンいついて T:ワクチンの入手っは迅速にできる、が、政治的になっている。B:科学者を信じれるが、TRUMPは信じられない。

T:バイデンとの議論ではなく、司会者との討論になっている。 B:演説会www

Q:経済 B:プランがある。国を閉鎖したい。  T:国を再開したい、高齢者でコロナに弱い事がわかった、バイデンは国を閉鎖したい。 Q:マスク軽視 T:軽視していない。必要な時はしている B:マスクは必要、CDCも言っている T:CDCが意見を変えた。 B:無責任な人間だ

経済への質問がマスクへ

Q:経済 T:国を閉鎖し被害を最小に留めた、それから再開させた、民主党地域は閉鎖で経済は困窮。州は開放させなければいけない、民主党は封鎖、国を滅ぼす。B:違いはコロナ危機、大富豪、所得税を少ししか払っていなかった。 T:経済を再開させたい、人々も願っている 

バイデン、必死に覚えて来たことしか話せない。。。

Q:経済、所得税 T:数百万ドル支払っている B:納税証明所を見せろ T:資産が良いため各地で支払いしている Q:750ドルではない? T:減価償却などの優遇措置通り支払った B:税法を利用した、人々への投資をしたい。 T:なぜ、副大統領時に税法を正しという方にしなかった? T:オバマでの経済成長は鈍化した復活 B:製造業は泥沼になった T:メーカーを見放した T:オハイオ、ミシガンは復活した T:バイデンの息子は中国に350万ドル資金をもっていった  B:嘘です、息子は何もしていない T:モスクワから資金をもらえたんだ? B:。。。。

バイデン、息子の件を答えない。司会者、息子の件を止める

Q:人種問題   B:平等、真っ当性の問題  T:アフリカ系米国人の扱いを改善した。ポートランドを沈静化出来ない、民主党傘下だから、極左だから B:不正義は有る。責任を追求すべき。透明性をもって協議する T:商店を焼き討ちしてるだろ T:人種差別は有る。国を憎むように教えている、それは容認しない B:人種差別者だ、トランプは。見下している 

民主党は奴隷制度推進、共和党は奴隷廃止、それが成り立ち。

Q:法と秩序 BLM支持?  B:・・・・? T:答えられないなwww T:左派によるもの、アンティファやBLMは B:アンテファは組織ではないアイディアである

バイデン、アンテファはアイディアと言う。 痴呆症なのか、頭痛してるのかなwwww

バイデン息子は副大統領になってからロシア、中国から資金を得た。バイデン論理的反論出来ない 。気候変動の質問については配信で確認願います。正直、質問に対して明確な答えになっていない。討論会のスポンサーはCNN。司会が偏った話し方をして議論を妨害してる。バイデンをフォローしてるのは明確

Q:グリーン・ニューディール B:運営出来る。バイデンプラン  T:極左でしょ、極左

Q:郵便投票の公平性 B:投票して下さい、対面でも郵便でも可 T:先の選挙は国への侮辱、投票に関しては大惨事、不正だらけ。

日本と違って米国の投票は不正が横行してるのた確か。郵便を金で売る人が沢山いる

このレベルの討論、というか、討論になっていない。司会もバランスが悪く米国のレベルの低さが露呈した会だったという感想。

日本時間9月30日 (9:30 a.m) クリーブランドにて90分のテレビ討論会が行われます。その前日、ネガキャンとしてトランプ大統領当選からの納税額がほぼ支払われていないとの記事が飛び交っています。バイデン陣営の攻撃だと思われますが、アメリカではかなり話題になっているようです。

そもそもテレビ討論に関してバイデン側は頑なに拒否して来ました。ですが、さすがに拒否しづつける事もできずいよいよ一回目が明日行われます。

見どころ

・バイデン候補がまともな会話が出来るのか?

・トランプ大統領の納税に関しての弁明

・バイデン候補の息子と中国企業の闇

・大統領選挙へのCCPとロシアの大規模工作

・空いた最高裁判事任命に関して

・コロナ禍での大規模な経済対策

・第一期トランプ政権での功績

・郵便投票不正買収

などなど、注目点は多数あります。