新着Blog  Q INTO THE STORM

コロナ不況と株価高騰

株式チャート 情報分析

結論:情報を把握し、絶妙なタイミングでカードをきる。

2019.12 気が付いていたトレーダーは多かったのではないでしょうか?中国で蔓延するウィルスの存在を。コンサバな見方をするのが為替と株価ではないかと今回つくづく実感しました。

進度

物事の進み方の程度。

いち早く世界のコロナ進度を数値化しwebsiteにupしたのは米ジョンズ・ホプキンス大学が世界で初めてでした。Twitterでは武漢の情報と日本にクルーズ船が停泊しウィルスが蔓延しているのでは?という情報が駆け巡りました。メディア報道では無く、ソースのある実数地こそ進度を把握する唯一の事象だと考えます。

ArcGIS Dashboards

進捗

物事がはかどること。

2020.3.9 為替は1ドル102円台まで暴落しました。連鎖は地球を一周しました。その時、私の中ではすでに織り込み済みだったので「このタイミングなのね」でした。早い段階で警戒していたので少し遅いと感じるくらいだったのです。逆に、今はチャンスと思いました。

衣料品や紙製品が世界的に足りなくなりましたが、産業界は増産を進め、人類の心配をあっと言う間に解消してくれました。

効果がある薬も世界中で研究が進み、政治的判断により試験的に患者に投与され効果を上げ始めました。国内では残念なことに新薬が進まず、なぜかアメリカの薬がメディアを飾るようになりました。

進歩

次第によい方、望ましい方へ進み変わって行くこと。

日本人の死者数は欧米諸国に比べても驚異的に少ない結果がでました。大型連休も自粛した国民性がもららした結果だと誰もが思っているのではないでしょうか。

私は今をネガティブに感じています

実態経済など為替・株価に関係なく世界は安定化されている

トランプ大統領が中国への責任を語気を強め始めた瞬間、アメリカ国内での警察官による黒人殺害からの大暴動が渦を巻いている今、少しばかりタイミングが良すぎるんじゃないかと私は陰謀論を思い出してしまいます。