新着Blog  コロナワクチン接種予約 インターネット・WEB予約 市川市民向け無料サービス実施中

No.220155 Texas、Plaintiff v. Pennsylvania.et al.

Attention!

No.220155 Texas、Plaintiff v. Pennsylvania.et al.2020年12月8日

No.220155 テキサス州、原告 対 ペンシルベニア州他 2020年12月8日

#Missouri #Kentucky #Louisiana #Mississippi #SouthCarolina #SouthDakota #Texas #Alabama #Arkansas#Florida

ミズーリ州 #ケンタッキー州 #ルイジアナ州 #ミシシッピ州 #サウスカロライナ州 #サウスダコタ州 #テキサス州 #アラバマ州 #アーカンソー州#フロリダ州

テキサス州がペンシルベニアを訴えた。テキサスに続けと10の州が続いた。これによって一気に連邦最高裁での審議となる。まだトランプ大統領が完全に勝った訳では無いが、選挙人選出は停止した。

トランプ大統領とペンス副大統領が直接バイデンとカマラを提訴

この戦いに負けるということは、世界的に全体主義が進む事を意味する。それは自由とは対極にある、私達が望まない世界。 子孫の為には今の世代が戦わないと民主主義は崩壊寸前。 安易に観ていた米国は大統領選挙までCCPに支配されてるではないか。 

Losing this battle would mean the advance of totalitarianism worldwide. It is the opposite of freedom, a world we do not want. Democracy is on the verge of collapse if the current generation doesn’t fight for its descendants. The U.S., which was easy to watch, is controlled by the CCP until the presidential election.