新着Blog  Q INTO THE STORM

BIGTECHとジョージ・ソロス

Attention!

BIGTECHとジョージ・ソロス

Twitterは恐喝操作を実行しています—協力するか、トラフィックがありません

「ニュートラルプラットフォーム」についての彼らのすべての話のために、ビッグテックのビッグショット(ツイッター、フェイスブック、グーグル)はみかじめ料を実行しています。彼らは、アメリカ人が何を見て、何を読むか、そして他のメディア企業がそれらのプラットフォームを介して一般に到達するために何をしなければならないかを指示できると考えています。

それは健全な民主主義への明らかな脅威です—そして議会は気づきました。水曜日に、上院は「ビッグテックの悪い行動」を調査するための公聴会を開始しました。

センターステージ:ハンターバイデンの電子メールの報告を開始して以来、ポスト検閲するためのTwitterの強力な戦術。まず、それは私たちのアカウントを凍結し、私たちの物語を禁止しました。その後、世間の反発の中で、元のツイートを削除した場合に限り、フリーズを解除することに同意しました。

TwitterのCEO、ジャック・ドーシーは、歴史上すべての暴徒の執行者やシェイクダウンアーティストのように聞こえました。ニューヨークポスト紙です。恥ずかしい、何かが起こった場合。彼は、読者が私たちのレポートにアクセスするのを助けるために、完全なメディアがソーシャルメディアとGoogle検索アルゴリズムに依存していることを知っています。

テッド・クルーズ上院議員はだまされませんでした。地獄があなたを選出し、メディアが報道することを許可されていること、そしてアメリカ人が聞くことを許可されていることをあなたに任せたドーシー?」彼は雷鳴した。「なぜあなたは民主的なスーパーPACとして行動し続け、あなたの政治的信念に反する見解を沈黙させているのですか?」

画像を拡大nypost twitter

ドーシーはそれが修正されたすべての間違いであると主張しようとしました、しかし彼が話したとしても、ポストアカウントはロックされたままでした。

「ニューヨークポストはTwitterアカウントに投稿できますか?」クルスは尋ねた。

「もし彼らが彼らのアカウントに入るなら…」クルスが彼を断ち切る前に、ドーシーは身をよじった。

「いいえ、それに対するあなたの答えです。彼らがあなたの指示に同意し、同意しない限り、」とクルスは怒鳴りました。

その上、それが正直な誤りだったのなら、なぜそれらは片側だけに起こるのですか?マーシャ・ブラックバーン上院議員が指摘したように、ツイッターはトランプ大統領を65回「検閲」し、ジョー・バイデンはゼロにした。「情報の主観的な操作のパターンがあります。」

また、The Postの報道を抑制するために動いたTwitterやFacebookも、ストーリーに何か問題があると主張することはできません。ドーシーとフェイスブックのCEO、マーク・ザッカーバーグは、その「証拠」があるかどうか尋ねられたが、どちらもそうではなかったことを認めた。

一部の人々は、紙がただちに洞窟に入れられて、物語を削除するべきだったと思います。それでも問題は、The Postがストーリーをスケルチできなかったことではなく、BigTechの手間のかかるシェイクダウンです。

米国はジョージ・ソロスなど一部の権力者によって民主主義を脅かされているどころではなく、事実、BLMを使って暴力的に緊張状態にある州がいくつもある。BLMらは資金を得ながら民主党議員と結託して州を崩壊させはじめている。警察機構を破壊し、略奪を煽り対立を生む。強大なITテクノロジーを利用し人を管理しターゲットとしていく。もはや民主主義の存亡に関わる事態である、と言っても陰謀論者として見られるだけかもしれない。。。日本もCCPにどんどん侵略されテレビ・メディアは一切真実を報道しなくなってしまった。それは正しく議員を選ぶ権利を私達から奪っていることである。頑張れTRUMP大統領、そして菅総理大臣。

Attention!
スポンサーリンク
シェアする
デジタルデバイス・コンテンツ サポートとプロモート