新着Blog  Q INTO THE STORM

ハンターの元パートナーであるトニー・ボブリンスキー:ジョー・バイデンはうそつきであり、これがその証拠です

情報収集

NEW YORK POST 10/22 記事の紹介。日本では全く報道されない真相。

“バイデン一家の海外取引は” “木曜の夜の大統領討論会の90分前に” “驚くべき姿で登場しました

“ジョー・バイデンがハンターとの取引について 話し合ったことがないと言ったのを聞いたことがあります それは虚偽です。私はジョー・バイデンを含むバイデン一家と直接取引をしたので、このことについて直接の知識を持っている」とボブリンスキーは、ハンター・バイデンのプライベートな電子メールに関するポスト紙の爆弾発言報道を受けて語った。

討論会にトランプ大統領のゲストとして参加することになったボブリンスキー氏は、2015年から2018年までの3つの携帯電話を証拠として示し、電子機器を引き渡すために上院とFBIと会談すると述べた。

米海軍のベテランは、2017年5月2日にカリフォルニア州ビバリーヒルズで開催されたグローバル・ミルケン会議の前に、ハンター・バイデン氏と同議員の弟ジム・バイデン氏から元副大統領に紹介されたと語った。

“その夜、私たちはバイデン家の歴史、バイデン家の中国との計画について話し合ったが、それは彼が明らかに、少なくとも高いレベルで精通していたものだった “と彼はテネシー州メンフィスで、トランプ大統領とバイデンの間の最終的な討論会に先立って言った。

“私は誰かを埋葬したいとは思っていない。私は政治家になったことがない。私が行ったいくつかの貢献は民主党へのものでした。しかし、私は愛国者であり、退役軍人であり、私の家名とビジネスの評判を守るためです。私は真実の事実がそこにあることを確認する必要があります」と彼は言って、彼が誤報の陰謀に加担しているという非難をかわした。

ボブリンスキーは、先週ポスト紙が独占的に明らかにした、ハンター・バイデンと叔父のジム・バイデンを含むバイデン一家の中国での不透明な海外取引についての電子メールを裏付けるために、木曜日の初めに名乗り出た。

米海軍の退役軍人は、ジョー・バイデン前副大統領が数百万ドルを稼ぐための陰謀に直接関与していることを告発し、2017年5月13日の電子メールに記載された「大物」として彼を特定しました。

そのメールには4人のパートナーがそれぞれ20%の株を得ていて10%が「ジム」に行き残りの10%は「大物のためにHが持っていたのか?

海軍の退役軍人によると、2015年末にジェームズ・ギリアに声をかけられたという。彼は長年の知り合いで、中国の国有エネルギー会社CEFCとの取引に

内部告発者によると、バイデン一家がCEFCと新たな事業体を結成し、米国と世界のインフラ、不動産、テクノロジーに投資することを望んでいると聞かされたという。


ボブリンスキーはまた、バイデン一族と中国最大の民間エネルギー企業であるシノホーク・ホールディングスとの間で形成されている会社の最高経営責任者(CEO)を務めていた時の数百通のテキストメッセージや電子メールを公開した。

2017年5月20日に送信された1通のメッセージでは、ギリアは民主党候補がサイノホーク取引に関与していることに触れないようボブリンスキーに警告した。

“Don’t mention Joe being involved, it’s only when u [sic] are face to face, I know u [sic] know that but they are paranoid, “Gilliarからのメッセージのスクリーンショットが読まれた。

ボブリンスキーによると、ギリアーと仲間のロブ・ウォーカーは「ジョー・バイデンの関与を秘密にしておくことに偏執的だった」という。

有名な家族は何年もの間、彼の父が副大統領であった間、ウクライナのエネルギー会社ブリスマの取締役会でハンターバイデンの有利な役割に続いて不適切な疑惑に悩まされています。

ハンター-バイデンに属するハードドライブからの電子メールのトランシェ – 先週ポストによって独占的に公開された – スキャンダルで傷ついた息子は、海外で有利な取引を土地に彼の家族のコネクションを活用し、彼のブリスマの給与を高めるためにどのようにしようとしたかを明らかにした.

木曜日の夜、討論会場近くのマリオットホテルで記者団の前で話すと、ボブリンスキーは、ハンター-バイデンは、CEFCによってポニーアップサイノホークに最初の1000万ドルの現金注入から500万ドルをポケットにしたかったときに、彼はバイデンの家族と仲違いをしていたと主張した。

“彼は、彼の父親である “会長を参照して、CEFCは本当にバイデン家に投資していたと言った、彼は切り札を持っていて、彼は彼の家族の遺産を時の上に置くものだと “ボブリンスキーは、その後の質問に答えることを拒否しました。

“これらの交渉の間、私はSinoHawkがハンターの個人的な貯金箱であることができないことをハンターや他の人に繰り返した “と彼は続けた。

“2017年7月までのCEFCは、資金がSinoHawkに送金されると私に保証していたが、当社に送金されることはなかった。代わりに、ジョンソン上院議員の9月の報告書から、500万ドルが2017年8月にハンターに関連した事業体に送られたことがわかりました」と、バイデン一家の汚職の可能性についてのウィスコンシン州の上院議員の議会調査に言及しています。

バイデン元副大統領のマネーロンダリング、そもそも出身地が米国でのタックスヘイブン。

トランプ大統領と元ニューヨーク州知事ジュリアー二氏は「米国民主党+CCPという巨悪」と戦っているのは確かであろう。日本でQについて先手とも言える世論植え付けもその一部であるといえる。日本のメディアも全てCCPへの批判報道は一切行なわない決まりになっているので一切報道はきけないであろう