中国共産党がAntifa、Black Lives Matterに自動兵器を提供

中国共産党がAntifa、Black Lives Matterに自動兵器を提供

https://www.naturalnews.com/2020-07-03-communist-china-providing-automatic-weapons-to-antifa-black-lives-matter.html

一部報道で米国内デモに中共から武器供与、それを民主党運営施設で保管という予想通りの展開になってきました。仮に中国をテロ支援国家指定となるとポンペオ国務長官の演説から大統領選挙前に南シナ海施設への空爆の可能性が更に高まる。

じわじわとドル円は下がり、原油は上がり、Bitcoinに資金が何がれていることからも市場は大きな歴史的変換点を容認し始めたと思われる。

今、アメリカで起きている一連の事象

 

5G覇権から武漢ウィルス、そして偽札を使った黒人を白人警察官が殺したとして全米で大規模なデモが誘導された。チャンスとばかりAntifaやBLMを実行者としてアメリカを狙う多くの国や組織から資金供与を得て犯罪組織が大統領選挙に向け暗躍し続けている。

Capital Hill Autonomous Zone (CHAZ)

・ジェニー・ダーカン市長が暴力的なデモを制圧しないで市・東警察署を放棄を撤退した結果、テロリストが銃を持ち町を支配してしまった。Defund the Police

キャピトルヒル自治区は、フリーキャピトルヒルとも呼ばれ、キャピトルヒル組織抗議およびキャピトルヒル占領抗議とも呼ばれ、ワシントン州シアトルのキャピトルヒル地区にある占領自治区

Black Lives Matter(BLM)

・ラック・ライヴズ・マターは、アフリカ系アメリカ人のコミュニティに端を発した、黒人に対する暴力や構造的な人種差別の撤廃を訴える、国際的な積極行動主義の運動である。特に白人警官による無抵抗な黒人への暴力や殺害、人種による犯罪者に対する不平等な取り扱いへの不満を訴えている

資金源はイスラム過激派及びチャイナマネーも疑われている

大統領選挙はトランプ圧勝

ダーカン市長はトランプ大統領の命令である法の支配を取り戻せという命令を無視している。

なので大統領は州兵を使って治安を復活させようとしている、これは当然の発言。

米国メディアの世論調査は全く信じるべきではない。
選挙はトランプ圧勝で再任する。

※2020/6/19 虎ノ門TVでの藤井厳喜氏レポートより

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

ポケモンスナップ

次の記事

天赦日・一粒万倍日