新着Blog  Q INTO THE STORM

不正を尽くした大統領選挙

情報収集

民主主義の根幹を壊したジョー・バイデンと民主党、メディア、Bigtech(Twitter、Facebook)

トランプ大統領の勝利宣言後から不穏な動きが明らかになり始めた。今、ネット上で飛び交っている情報は一部分フェイクもあるだろうが、米国、日本のTVで報じられている事よりも汚れていない。

突然集計グラフが垂直になる

ウィスコンシン州とミシガン州の結果からトランプ大統領が抑えたと思い合計284人確保と思っていたとき、突然、状況が一変した。バイデンが突如リードしたのだ。その後、ネット上にこのグラフが現れ、皆が騒ぎ始めた。郵便投票結果にしても、一方に表が偏るなどありえない。集計しておいて突如、加えたのか?そんな選挙開封などありえない、が、事実起こった。

投票結果が有権者と合わない!

未確認ではあるが、改ざんの疑いがある情報がどんどん出始めている。

印刷された投票用紙
捨てられたトランプ大統領への投票用紙
タイプミス??
Tweet社による妨害工作

トランプ大統領の代理人の群れは、水曜日にペンシルベニア州から彼らをだまそうとしたとしてジョー・バイデンを非難しました

フィラデルフィアで急いで呼ばれた記者会見で、大統領の息子エリック・トランプと個人弁護士のルディ・ジュリアーニは、トランプ2020が彼らが「横行する腐敗」と呼ぶものを止めるために法的措置を取っていると発表しました。

「私たちはペンシルベニアに勝つつもりですが、彼らはそれが勝利への唯一の道であることを知っているので、それから私たちをだまそうとしています。彼らはそれが勝利への唯一の道であることを知っています」とエリック・トランプは言いました。

キャンペーンは水曜日の初めにペンシルベニア州のスイング連邦で訴訟を起こし、共和党の投票所のオブザーバーが投票所でより良いアクセスを与えられるまで開票を停止するよう求めた。

トランプ氏は、イベント中に発砲されたツイートで、ペンシルベニア州、ジョージア州、サウスカロライナ州の勝者であると宣言し、「密かに投棄された多数の投票用紙」がなければミシガン州も押収したと主張した。

「選挙人投票の目的で、ペンシルベニア州(法的なオブザーバーを許可しない)はジョージア州とノースカロライナ州であり、それぞれがトランプの大きなリードを持っていると主張した」と彼はツイートした。

トランプは現在、中西部州で40万票を獲得しており、選挙区の86%が報告していますが、100万人以上の不在者投票はまだ処理されていません。

各キャンペーンは、これらの投票が彼らに有利になり、戦場の州の20の選挙人票を彼らに渡すと主張しています。

バイデンのホワイトハウスへの道はますます明確になり、選挙人団264-214を率いており、大統領になるために必要な270票をわずか6票で支持している。

エリック・トランプとジュリアーニには、エリックの妻であるララ・トランプ、2016年のキャンペーンマネージャーであるコーリー・ルワンドウスキー、トランプの弾劾弁護士であるパム・ボンディ、そして彼が郵送投票の開始を検討することを阻止されたと述べた彼らの世論調査員の一人が加わった。

「これは私が今まで見たり遭遇したりした中で最も反民主的なものの1つであり、ここフィラデルフィアだけでなく、全国で起こっています」とジュリアーニは主張しました。

「彼らはこの選挙を盗むつもりはありません。この選挙は国民によって決定される」とジュリアーニは述べた。