4k モニター

結論:4kは必須。安物買いのFull HDはNo Good!

https://www.eizo.co.jp/

32型

椅子に座るなら32型が目の移動量からいってもベストバイだと勝手に思っています。が、大は小を兼ねてしまいますから、もっと大型のモニターでも勿論良いです。amazonで4kを調べると27インチあたりが主流?と思わせる様な表示ですが4kなら間違いなく32型です。用途は金融以外の事務仕事や映像編集、動画視聴など無難にこなせる優等生です。価格はおおよそ5万円位から。カラーマネジメントがあるEIZOなどはもちろん高額になりますが、先を考えると絶対に欲しくなりますので最初から買うこともありです。大きめの机なら32インチを2画面化を。

WUXGA

少し下がりますが事務系作業に最適な1920×1200(WUXGA)ディスプレイ。特に金融機関など事務仕事の職場で支持されています。1920×1200ディスプレイがいいのはA4の紙を横に2枚並べたときにスクロールなしで全体を一覧できることです。A4の資料を最低でも3枚、使いやすいのは5枚表示しながらとなると思います。目の上下運動は極力避け、横にスライドさせる方がはるかに疲れ方が違います。CADの場合でも同じです。最大でも32インチ、ベストは29インチあたりだと思います。

湾曲モノ

ゲーム系を中心に進化しています。解像度が高いもの、4k湾曲はコスト的に負担になります。ですが、私も欲しい!!EIZOで15万円出すか湾曲に出すか、いつも迷って結局買わずじまい。早く手に入れたいものです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

iPhone 6SE